2011年11月30日水曜日

ポメラ DM100が到着

Clip to Evernote
予約していた最新のポメラが到着しました。

DM100 | デジタルメモ「ポメラ」 | KING JIM

手に取ってみての感想など書いていこうと思いますが、DM100については以下の記事で非常に詳しく説明されていますので、そちらと対比しながらとします。
また、私は初代ポメラを予約購入して使用してきましたので、そういった視点も加えていきます。

誠 Biz.ID:仕事耕具:“スマホ時代の文房具”になれるのか――ポメラ「DM100」の存在価値とは

キーボード

 やはりまず試したのはキーボード。それ自体のできはよく、個人的にはとても打鍵しやすいと感じた。打鍵したときの適度な指へのフィードバックがここちいい。かなり速く打ってもキーボードがついてきてくれる感じだ。安定している。
確かにキーボードは、非常に打ちやすく感じました。
初代ポメラは意外と強くタイプする必要があり、PCのキーボードとは違った独特のものでした。
DM100は親しみやすいといいますか、自然な感じがします。

新しいポメラ…

誠 Biz.ID:仕事耕具:もうぼくだけのポメラじゃない――開発者・立石幸士さんにマニアックなことを聞いてみた

新しいポメラは変わりました。二つに折れるキーボードは廃止され、バックライトも付きました。
私が手にとって思ったのは、「ああ、もう今までのポメラじゃない」ということでした。

新しいポメラはずっと便利になりましたし、見た目も格好良くなりました。「今までのポメラじゃない」は大筋で褒め言葉です。
ただなんとなく、初代ポメラの使いにくさというか、わけわからなさというか、そのあたりがなくなってしまったなと寂しくなるわけです。

サイズ

話を戻します。

従来では折りたたみ式のキーボードを採用していたが、DM100ではノートPCで一般的なストレートのキーボードが採用された。これにより、携帯時には従来モデルよりも大幅に薄くなり、カバンの隙間、書類や雑誌の合間に滑り込ませることができるようになった。
DM100はかなり薄く、また軽くなりました。
初代ポメラは見た目ほど軽くはなく、また厚みもあるため、常に鞄に入れておくにはやや抵抗がありました。
DM100なら、これから生活を共にするのも問題ありません。

ところで、大きさはかなりあります。
キーボードが折りたたみ式でなくなったことは知っていたので、私が所有するネットブック(SHARP Netwalker)程度のサイズだと考えていたのですが、それよりずっと大きく、箱から取り出した際は面喰いました。
もっとも、Netwalkerはかなりコンパクトに作られているので、それを念頭に置いていたことが間違いだったのかもしれません。

下はDM100とiPhone 3Gの大きさ比較写真です。
辞書機能

国語・英和・和英の辞書が内蔵されています。
個人的には、これで電子辞書を持ち歩く必要がなくなりました。
しかも、辞書に表示された内容をコピー&ペーストすることが可能です。これは使いどころが多そうです。

ファイル名

デフォルトのファイル名を、「無題」「文頭18文字」「タイムスタンプ」から選択することが可能になっています。
「Menu」キー ->  「設定」  ->  「ファイル設定」
です。

これは、「無題」のみだった初代ポメラから比べて、もう、この上ない、最強のアップデートだと思います(DM20やDM5でも可能だったかどうかはわかりません)。

まず、「ファイル名を付ける」ことは
  • ファイルの中身を良く理解している
  • 主題を抜き出す能力がある
  • それを短い言葉で表す能力がある
の点で、本質的に難しい作業です。
プログラミングで、フィールドやメソッドの名前を注意深く付けることは、とても重要で難しい、ということと同様の理屈です。

これまで初代ポメラを使用していたときは、長い文章をしっかりと書くのは構わなかったのですが、ちょっとメモ書き程度ですと、いざその文章を保存する段になったとき、ファイル名を決めるのに時間を取られてしまうのです。結局それが煩わしくて、ポメラでメモを書くのを避けてしまうこともありました。

このような、「人間の心理に着目して行われる、ちょっとしたソフトウェアの工夫」には非常に感動しますし、そこに気付くのはとても難しいことです。

2画面編集モード

ファイルを同時に2つオープン・表示できます。
過去、「箇条書きのアウトライン」を元に「本文」を作成していたときの、「Ctrl+O」の連打を思い出します。
あの苦労を考えると、これも革命的な機能だと言えます。

スマートフォンとポメラ

iPhoneがそぎ落としたハードウェアキーを、ポメラが逆にその存在価値の中心にすえているところは興味深い。そういう関係だからこそ、iPhoneとポメラは組み合わせ、連係させるのに相性がいい。
これは興味深い考察です。ポメラは、iPhoneを補う存在だということです。
ところが、昨今のようにスマートフォンが爆発的に普及したのは、ここ1~2年のことです。
他方、初代ポメラが発売されたのは2008年11月10日のことで、それより前です。
実際、私はこの日からポメラを使っているわけですが、スマートフォンと連係させるという考えはまるでありませんでした。

面白い事実です。ここだけで別の記事が書けそうです。

終わりに

UIがとてもきれいになっていますし、本体を開いたときに電源をオンにするかどうかも選択できます。これらも注目すべき部分です。

一方で、もっと有名な「新ポメラの特徴」たちにはほとんど触れませんでしたが、まあ良しとします。

2011年11月28日月曜日

私が使用するGoogle Chrome拡張機能

Clip to Evernote
Google Chromeとは、もう長い付き合いです。

確かChromeが公開されて間もない頃から、私のメインブラウザとなっているはずです。
それこそ、
  • 右上のレンチアイコンの隣に書類のようなアイコンがあったころから
  • オプションが別窓で開いていたころから(これがタブになったのは割と最近でしたが)
  • Chromeウェブストアもエクステンションもなく、「スピードならChrome、拡張性ならFireFox」と言われていたころから(FireFoxにはアドオンがある)
ずっとChromeユーザです。

当初は、オムニバー(URLを入力する部分の名称)にURLを右クリックからペーストする際に、「貼り付けて移動」のメニューがあることや、「Ctrl+Shift+T」の「閉じたタブを開く」機能に、いちいち感動していたものです。

もしいま「Ctrl+Shift+T」で、間違って閉じてしまったタブが復活しなかったら非常にびっくりするでしょう。
実際、たまに別のブラウザを使った際、「最新版にアップデートしてください」といったメッセージが出ると、大変驚きます。何の話かと思います。

Chromeはバックグラウンドで強制的に最新版にアップデートされるのです。
良し悪しは別にして、それほどのChromeユーザだという話です。

使用中の拡張機能(エクステンション)を紹介してみる


さて、上にも出ました拡張機能ですが、その中から現在私がインストールしているものを紹介してみようというのが、このエントリです。
Chromeの思い出話がしたかったわけではないのです。
思えば、Chromeがエクステンションに対応したときも、かなりの衝撃でした。
それまではよく、OSにインストールするタイプのアプリケーションをいろいろ探してきて、試したり遊んだりしていましたが、エクステンション登場後はこちらに興味が移りました。インストール・アンインストールの手間が、とても少ないからです。
それに、「単機能で、使い方やニーズによっては非常に強力。一見、価値がわからない」ものが、拡張機能に多かったことも挙げられます。自分なりの工夫が考えられ、楽しいのですね。

私が興味を持つものには、頻繁にこの特徴があります。これは拡張機能に限らず、です。

本当に、使用中の拡張機能(エクステンション)を紹介してみる



Adblock Plus for Google Chrome™

こちらは有名な、Adblock Plusです。Chromeユーザは大抵使用しているのではないでしょうか。
あらゆる広告をブロックしてくれるようですが、能動的に使用するものではありませんので、効果がわかりにくいもののひとつです。



AutoPatchWork

ひとつの記事が「1, 2, 3, 4」と分かれていたり、「続きは以下で」となっていたりしたときに、それを自動的に展開してくれる拡張機能です。キーワード検索やAmazonの商品検索のページでも動作します。
検索結果などを順に見ていくとき、リンクをクリックしてページ移動させる必要がないため、便利です。
もともとは、そのように複数ページに分かれているページを、一度にクリップしてEvernoteに保存するために導入しました。
しかし使ってみると、毎回ページ移動を行う必要がないというのは気分がいいのです。



Clearly

最新の拡張機能です。Evernote Clearly。
いろいろありますが、「Ctrl+Alt+右」でページが見やすくなり、「Ctrl+Alt+上」でEvernoteにクリップできます。
ショートカットでクリップするのは誰にとっても初めての経験であり、ライフスタイルが変わります。
本家ウェブクリッパーより、記事を選択するのが上手な気がします。



Evernote Web クリッパー

本家クリッパーです。
自分のEvernote内のノートが検索できたり、クリップする範囲を選択できたり。
クリップするページにコメントが付けられたりもして、かなり強力な拡張機能です。

Clearlyではなく、Evernote純正ウェブクリッパーを使いつづける3つの理由。 / あなたのスイッチを押すブログ

こちらでも記事にされています。
双方のメリット・デメリットについて考えるきっかけを与えてくださり、ありがとうございます。非常に良記事だと思います。

コメントが付けられることは、Evernoteに何かを保存することを考えたとき、本質的に重要なのです。


FlashBlock

ページを読み込んだ際自動的にFlashが動作しないという、個人的には超便利ツール。
Flashが好きな方には向きません。



Keep My Opt-Outs

Cookieによる広告の最適化が行われないようにするらしいです。
効果を実感したことはありませんが、なんとなく入れてます。



Lightshot

スクリーンショットツールです。
すぐに範囲を選択できて、さっと保存できます。ファイルとして保存せず、クリップボードにコピーの選択肢があることにも注目です。

スクリーンショット系は一つ入れておくと、何かと便利です。
あと、なぜか画像が他と比べて大きいのですが、意味があるのかもしれませんのでそのままにしておきます。



Minimalist for Everything

ずっと「Minimalist for Gmail」を使用していたのですが、別にあった「Minimalist for GoogleReader」と統合されて、この拡張機能になったようです(「Minimalist for GoogleReader」は使用していなかったので、確証はありませんが)。

で、結局Gmailに関わる部分しか使用していません。

Gmailのデザインを自由にいじれるという拡張機能ですが、名前からもわかる通り、不必要な部分を消去することが主眼です。
私もどんどん消しています。



Orbvious Interest

「Read It Later」と連携し、現在のページやリンク先を未読リストに保存してくれます。
Read It Laterユーザには必須の拡張機能だと思います。

Google Readerとも統合でき、私も便利に使っていましたが、なぜか最近それがうまくいっていないようです。
復活次第、詳しく書きたいと思います。



RSS Subscription Extension

現在のページのRSSフィードを購読設定する拡張機能です。
この機能、FireFoxやOperaなどではブラウザの機能として持っていますので、わざわざ自分で入れないといけないChromeは劣っているようにも感じます。
しかし、この拡張機能がGoogleの作成であることを念頭に置くと、ここはChromeの設計思想を反映している部分であると考えられます。
つまり「ブラウザを使う誰もが、RSSフィードの購読をしているわけではない」と考えているわけですね。そこで「誰もが必要とする、小さなブラウザを提供しよう」と。



Springpad Extension

Springpadも、使い始めています。
Evernoteとの使い分けなど、大いに議論の価値がありますが、拡張機能としてはSpringpadの機能がだいたい使えるというものです。

とは言うものの、Evernoteとの使い分けについてはあのすごい方が記事にしておられますし、その内容に議論を挑む余地はなかったりします。

よく誤解されるEvernoteとSpringpadの違いと活用法 | Lifehacking.jp

さすがです。



Up

ウェブページの階層構造を見て、ひとつ(またはそれ以上)上のページに移動できる拡張機能です。
便利な気がするのですが、ほとんど使いません。

さらに本質的に問題なのは、「上」とか「下」の概念がそれほど一般的ではないらしいということです。
例えば、Windows PCについて何か説明している際、「C(ドライブ)の下」と言うと「…下?」となったりします。



WidgetBlock

Facebookなどの、様々なウィジェットをブロックし、ページの読み込みを速くしてくれます。
これもあまり実感はないのですが。

終わりに

というわけで、Chrome拡張機能たちでした。
自分を知るためにも、こういったエントリは重要ですね。

また、ブログを書いていると好きなように話が脱線できてしまうので、楽しいのですが、あまり良くないような気もします。

2011年11月26日土曜日

タスクを分解すること

Clip to Evernote
前エントリでは情報が錯綜しましたが、大きなプロジェクトをタスクに分解することの有意性を結論としていたような気がします。

仕事術の分野では一般的かつ基本的な考え方であり、そこにメリットがあることは間違いないでしょう。

概略としては、「次は何を、どのようにしようか」を考えるコストは意外と大きいため、それを予め決定しておくことでそのタスクに取り掛かりやすくする、といったところでしょうか。

よくある例を出しておくと、

  • プレゼン用スライド作成



  • 資料を読む
  • 過去に使用したスライドを見る
  • アウトラインの作成
  • 細部の作成
  • デザインの調整

に分解しておくことです。
こうすることで、悩むことなく行動を開始でき、全体として所要時間を短縮できるのです。
(「所要時間の短縮」以外にもメリットは考えられますが、それは別の機会にします)

「悩むことなく行動を開始」?


上にも書きましたが、ここまでの議論はとても一般的なもので、誤りはないはずです。
そうだとすると、少し気づくことがあります。

いま、順序としては、

  • タスクを分解する
  • 悩むことなく行動を開始できる
  • 全体の所要時間を短縮できる
となっています。
ここから、「タスクを分解」の作業が直接「全体の所要時間短縮」をもたらしているわけではないことが言えます。間に「行動を開始できる」が挟まれて、初めてそうなるのです。
更に言えば、元々存在しなかった「タスクを分解する」作業が追加されているため、ここだけ見れば全体の作業時間は増加してしまいます。

「行動を」分解する

それでは「タスクを分解」は何をもたらしているのでしょうか。言いかえれば、それは何を行っているのでしょうか。

それは、人間の行動を分解しています。
「タスクを分解」することが、「次どうしようかな」と悩む時間(分解したタスクをスケジューリングすることとはまた別の話です)をくくり出して、先頭に持ってきてくれます。
そして、悩む時間は悩む時間、タスク実行の時間は実行の時間、に集中して取り組むことが可能になり、全体の所要時間を短縮させられるのです。

繰り返すと、「タスクを分解」しただけでは、タスクが減ったわけではありませんので、全体の所要時間は何も変わっていません。
そこに内在していて見えなかった、「悩む時間」をいつの間にか取り出してきて(これを「行動を分解する」と呼びました)、消滅させています。

「いつの間にか」取り出している

ここで重要なのは、「いつの間にか」内在していた悩む時間を取り出せていることです。

「タスクを分解」している最中には、「行動を分解しよう」とか「悩む時間を取り出そう」などと、人間の方を見ているわけではありません。
あくまで、「このプロジェクトは順にこんな作業をしていく必要があるな」と、プロジェクトの方に視点が向いています。

これは非常に優れたアーキテクチャです。
私たちはインタフェースとしての「タスク分解」だけを行えば良く、「その内部で実際に何が行われているか」は全く知らなくて構わないのです。
そして、(実は)内部で「悩む時間がくくり出される」というアダプタが自然に生成され、結果作業時間が短縮されています。

実生活へのフィードバック

ここで行った考察から、しばしば問題となる「タスクをどのように、どこまで分解すべきか?」という疑問に、回答の指針くらいは示すことができたはずだと考えています。
それは、「十分に悩む時間が取り出せているかどうか」です。

……抽象的ですね。
要するに、このエントリにはっきりした結論はなかったということです。

ちなみに…

今回の考察は、前回エントリ時に、

  • 読む時間とその他の時間を分ける
  • iPod touchとiPhoneを分ける
の対比から始まりました。
ここだけの話ですが、途中でこのことに気づいてしまったせいで、前エントリ執筆時に落としどころがわからなくなりました。今読み返しても、何が言いたいエントリなのかよくわかりません。
で、実は今エントリも、予定していた流れとはまるで異なってしまいました。本当に書きたかったことは、別の機会にします。

何にせよ、文章を書くのは難しいのです。

iPhone 3Gがもたらす生産性の向上

Clip to Evernote
いきなりですが、記事タイトルは正確ではありません。
語呂が良かったので、使ってしまいました。


さて、私の携帯周りの運用は、

  • iPhone 3G
  • iPod touch 第四世代
  • iPod nano 第三世代
  • iPod nano 第五世代
となっています。あまり見ない取り合わせかと思います。


iPhone 3G


iPhoneにはどうしても、「携帯電話」の側面がついて回ります。つまりWi-Fiのない環境でも、メールや通話が可能になっている必要があります。
現状私のiPhone 3Gは、作業に支障が出るほどに動作が遅く、かつバッテリーがかなり弱っています。普通に使っていると、半日とちょっとで充電が切れてしまいます。

これは何とかする必要があります。
そこで、アプリの数やローカルデータを出来るだけ減らし、数日に一度は再起動を行うことで、そこそこ快適な利用を実現しています。利用場面を絞っていると言えます。

しかしこの運用では、これまで利用していたアプリを諦めることになります。
ここでiPod touchが登場するわけです。

iPod touch


そもそもiPod touchを購入したのは、iOS5がプリインストールされているからでした。
これまで、iPhone 3GSにもiPhone 4にも目をくれずに来ましたが、iOS5はあまりに革命でした。ハードウェアが大きく変更になって驚くのは想像がつくのですが、OSが新しくなって衝撃を受けるというのは相当なことだと思います。

そうしてiPod touch、ならびにiOS5を手に入れたわけですが、これらの相性がとても良いのです。
こちらの記事が詳しいです。
「最強のApple製品」 - 品評 - iPod Touch 4G w/ iOS5
購入時に参考にさせていただきました。

こちらには「携帯電話」の制約がないため、
  • Evernoteで資料閲覧
  • メモ
  • カメラ
など、タスク処理などの作業に心おきなく使うことができます。
iPod touchとモレスキンを持ち出すだけで、ほとんど不自由なく活動できるのです。

このような運用の結果

iPhoneの視点で言えば、
  • バッテリー問題の解決
  • 実質、動作の遅さを解決
となりますが、iPod touchの視点に立つと、多くの人が、
  • モレスキンを好きなように
  • カメラを好きなように
「モノ」としての愛着が沸きます。これは、iPod touchが「携帯」や「スマートフォン」ではなく、上記の人々にとってのモレスキンやカメラに相当するからだと説明できます。
実際私も、「モノ」としての感動は非常にあります。不思議とiPhoneにはそういった感情があまりありません。

使用例

私の環境では、特に電車での移動中にiPod touchがオフラインになってしまいます。
そこで予めRead It Laterに記事をキャッシュしておき、電車内ではそれを読むだけとすることにしています。
ちなみに以前iPhoneで行っていたときは、
  • BylineでGoogleReaderにアクセス
  • Read It Laterに転送
  • 読む
  • Evernoteに転送、Read It Laterからは削除
をすべて電車内で実行していました。

その結果

驚くことに、RSSフィードを一日に処理する数が大幅に増えたのです。
いくつか理由は考えられますが、「RSSフィードの処理」という大きなプロジェクトを解体し、細かいタスクとすることで扱いやすくなり、結果として処理量が増加したということがあり得ます。

プロジェクトをいくつかのタスクに分割し、次のアクションを取りやすくするというのは、タスク管理の基本的な発想です。
ここでは、
  • 次のアクションが取りやすい
  • 読むことだけに集中できる
が等価だったといえます。

まとめ

iPhone 3Gのみで行っていたタスクをiPod touchにも割り振ることにより、自然とプロジェクトを分割することにつながり、生産性が向上しました。
したがって正しい記事タイトルは「iPhone 3Gが使いにくくなってきたところにiPod touchを導入してタスクを割り振ったことがもたらす生産性の向上」となるわけですね。
別にiPhone 3Gがもたらしているわけではないのです。
と、なぜか生産性向上の話にすりかわりました。

2011年11月24日木曜日

11月といえば自分の好きなブログを告白する月…ということです

Clip to Evernote
11月といえば自分の好きなブログを告白する月なのですね。
いろんなブロガーさんの好きなブログ話が聞けて、楽しいです。

rashitaさんがこちらのブログを好きというのが、ちょっと嬉しかったです。

iPhoneと本と数学となんやかんやと

自分も大好きです。

主宰するchoiyakiさんがすごくいろいろなことを深く考えていて、実践もしている。
毎エントリで「ほぉ」となる結論がある。
文章が親しみやすい。
などなど。
いつも楽しみにしております。

さて、せんえつながら。
それ以外の、私の好きなブログを紹介いたします。

   *

R-style

上でも挙げていますし、言うまでもない感じです。
大いに影響を受けまして、特にどのエントリが好き、などは言えないかもしれません。
「R-styleのすごかった記事まとめ」というエントリが書けそうです。

   *

Punksteady

タスク管理の方法に迷っていたまさにそのとき、Egretlist連載がスタートしました。
この辺りの詳細はぜひ、別記事にしてじっくり書きたいと思っていますが、読んだときの衝撃は忘れられません。
以降、欠かさず読んでいます。
最近ではPosterousでEvernoteのまとめも始まり、合わせるとすごいボリュームで、最高です。

   *

@CDiP

ボリュームといえばこちら。
iPhoneとブログまとめがすごい人です。
始めは「まとめ記事がすごいな」程度でしたが、このエントリから大好きになりました。
熱い。
その後気付いたのですが、どのエントリも熱かったのです。

   *

Hacks for Creative Life!

熱い人といえばこちら。
仕事術やタスク管理といった世界に来た理由がかっこいいのです。「あ、この人が言う手法なら、うまくいくな」と思わされます。(かっこいい、などと言ってしまっては失礼なのは承知しています)
私がその世界に興味を持ち始めたころ、こんなエントリに出会いました。
これのお陰で今、考え方が偏ることなく、何に対しても自分なりの考察を加え、生活できています。
『新時代のワークスタイル クラウド「超」活用術』もすごい本でした。

   *

もちろんほかにも好きなブログはたくさんありますが、ここまでにしておきます。
ブロガーのみなさん、いつも素晴らしい記事をありがとうございます。

この企画に間に合わせるために、慌ててブログを開設したわけではないはずです。
「僭越」の字は難しいのです。

Bloggerでブログ始めてみる

Clip to Evernote
GoogleのサービスBloggerを使用すると、Googleアカウントを通じて簡単にブログを開設することができるようです。

BloggerのiOSアプリもあるようで、おいおい試していこうと思います。

Bloggerについて非常に詳しいブログがこちら。

クリボウの Blogger Tips

(おそらく)有名ブログと呼ばれるものの一つですね。
Bloggerの最新情報や使いこなしなどをわかりやすく説明なさっています。

参考にさせていただいています。

というわけで、はじめましてのごあいさつでした。