2012年1月11日水曜日

便利でないツール

Clip to Evernote
ツールを二つ紹介します。


「picocalc free」



一つめは、iOSアプリの「picocalc free」です。

App Iconpicocalc free 1.0 App Store
Supported Devices: all
Category: 仕事効率化   Price: 0 JPY
Seller: 正行 Akamatsu


これは、自由な数でバッジ表示ができるアプリです。
こちらの記事で詳しく紹介されています。


(旧)Punksteady: 好きな数のアイコンバッジを表示できるアプリが面白い!

数字は直接入力するか、現在のものに足し算・引き算することができます。

機能としてはそれだけです。
アイデア次第で便利に使えるはずです。


「Page Snooze」



二つめは、Chrome拡張機能の「Page Snooze」です。

Chrome ウェブストア - Page Snooze

こちらの記事で紹介されています。


指定した時間になったらタブを自動的に開いてくれるChromeの拡張機能『Page Snooze』 : ライフハッカー[日本版]
後でもう一度見たいタブのどこでもいいので右クリックをすると、最短で5秒から、最長で2週間まで隠すことが可能です。Page Snoozeは、設定された時間になったら自動的にタブをもう一度開きます。
あとで、タブが現れてくるということですね。5秒という設定もできるようです。

機能としてはそれだけです。
アイデア次第で便利に使えるはずです。


二つのツール



さて、問題はここからです。
一見関係ない二つのツールを並べて紹介したのには理由があります。

どちらも、上に示した記事で初めて存在を知り、「これは何かに使えそうだ」とEvernoteにクリップしたものです。

それぞれについてそれなりに時間をかけて考察を行い、また多少使ってもみましたが、良い使用法が思いつきません。
上に、二度にわたって「アイデア次第で便利に使えるはず」と書きましたが、つまりは便利に使えていないのです。

それが共通点です。


Evernoteにクリップすること



それぞれの紹介記事をクリップした際は、「よくわからないけど、何かに使えそう」と思って行いました。まさにEvernoteの使い方ですね。

さてEvernoteは、それら大量に保存された「よくわからない」情報を熟成させ、つながりを生み出し、クリップ時には想像もしていないような価値をもたらしてくれます。
そんないつになるかわからない将来のために、今せっせとEvernoteに情報を溜めるのです。

(余談ですが、「Evernoteって何に使うの?」という質問に答えるのが難しい理由は、このあたりにあると思っています。)

上に示した二つの記事をEvernoteにクリップした日付は順に、2011/8/18、2011/12/28です。
四か月の月日を越えて、「単純な機能でうまく使えば便利そうだけど、それが思いつかないツール情報のノートたち」というつながりができました。
四か月も前のノートが、急に意味を持ったのです。


Evernoteの使用例について



よく「Evernoteの使用例」といった記事を見ることがあります。
それらの多くは「ノートブックの分け方がこうで、タグはこうで…」など、まずEvernoteありきの解説の形を取っています。

それも非常に参考になるのですが、Evernoteをあまり(または、まったく)使っていない人には、「ああ、Evernoteとやらは、こんなに複雑にやらないと便利に使いこなせないのか」と感じられてしまうような気がします。

それはとてももったいないことです。
なぜなら私は、Evernoteは「使いこなす」ものでも「便利な」ものでもないと思っているからです。

ですので本エントリのように、「保存する情報」の視点で、「情報に後から価値が出てくる」ことが言えれば、もっとEvernoteの嬉しさが伝えられるかもしれないと考えたりしています。


要するに…



「Evernoteの使用例」を、反対から見てみました。
たまにはこんな使用例があっても良いかなと思います。


終わりに



ありきたりな締めになりますが、初めに示した二つの便利そうなツールの、良い使い方があったらご一報いただけると嬉しいです。