2012年4月7日土曜日

TextEver概観

Clip to Evernote
現在すべての話題をさらっている、業界騒然のiOSアプリがあります。
(私の観測範囲の話です。)

こちらです。

TextEver – Evernote ノートをさらに速くとれます。 1.1(¥85)App
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: Gosubits - Andrey BELONOGOV(サイズ: 4.1 MB)


Evernoteにメモを送信できるアプリです。
使用方法などはぜひこちらの記事をご覧いただければと思います。

Evernote系メモアプリに新星登場!TextEver

また、こちらの記事も参考になります。

R-style » Evernoteにメモを送信してくれるTextEverに注目してみた

今回は、このアプリについて書いてみます。


履歴が残る


多くの皆さんが言及していますので私から詳しくは説明しませんが、FastEverにはなかった履歴の機能があります。

FastEver - 素早く簡単にEvernoteにメモ 1.9.4(¥85)App
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: rakko entertainment - rakko entertainment(サイズ: 1.3 MB)


この時点で、FastEverとは全く別のアプリと考えて良いと思います。
私もFastEverでEvernoteに数多くのメモを送ってきましたが、この「履歴がある」ことはまるで新しい体験です。


忘れる


「新しい体験」を構成する一つは、今書いて保存したメモがすぐ見たいことがたまにあり、それを解決してくれることです。
こちらの記事でも言及されています。

TextEverは履歴の残るFastEver? | | 作家の作業日報 | あすなろBLOG
送信済みメモの履歴が残らない。そこがけっこう困るのです。送信直後に「あれ?どんなメモをおくったっけ?」と思うこともあるからです。
このことは非常に納得できます。
当然ですが、ある面でメモはその事柄を忘れるために書いていますので、書いて保存したメモを思い出すのは困難です。


見える


もう一つは、自然に過去のメモが目に入ってくることです。
この意味では、以下の記事で紹介されている通り、Tap2Everでも良さそうです。
(駄洒落ではありません。)

Tap2Everを使ってEvernoteにブログのネタ帳を作成する

Tap2Ever - Evernoteのノート作成をさらに手軽に 1.1.2(¥170)App
カテゴリ: 仕事効率化
販売元: IKKI Corp. - IKKI Corp.(サイズ: 2.5 MB)


とりあえずTextEverで話を進めます。

純粋なFastEver使いにとっては、これまでに書いたメモが特に意識せずに見えるといった経験はありません。

いま、メモは何かしらのアイデアや着想を残しておこうとして取ることが多いです。
すると、過去のメモを自然に目にすることによって、思わぬ新しいアイデアが生まれる余地が出てきます。

新しい体験と述べたのは、この点においてです。
もちろんですが、思わぬ新しいアイデアを必ず思いつくことのできる仕組みというわけではありません。単に、アイデアが生まれる余地があるだけのことです。


アナログメモ


このFastEverとTextEverをもって、私のアナログメモツールであるモレスキンとロディアのモデルが、ある一面においてデジタルでも再現できたと感じています。

FastEverは書いたらおしまいとの点で、ロディアの役目を果たします。ロディアにメモしたら、その紙は切り取られてモレスキンに送られるためです。
TextEverは、新たなメモを書こうとした際に過去のものが目に入るため、この部分がモレスキンに相当します。モレスキンにメモする場合には前に書いたものが必ず見えるためです。

他方、モレスキンには母艦としての大きな役割がありますが、そこはEvernoteに任せることになるでしょう。
ただ、Evernoteは「同期」ですがTextEverは「履歴」ですので、TextEverの方が手間なく過去のメモを見ることができます。これは無視できないポイントです。

いずれにせよ、この辺りに着目していけば、おのずと二つのアプリを使い分ける基準もそれほど悩むことなく見えてきます。


終わりに


次に考えるべきは、ホーム画面での置き場所です。