2013年11月6日水曜日

11月といえば自分の好きなブログを告白する月…ということです2013

Clip to Evernote
ブログを書き始める動機には、人それぞれ、様々なものがあります。ひとりの人が複数の動機を抱いていることもあるでしょう。そちらの方が自然でしょうか。
私にも、明確なものから不明確なものまで、多くの動機がありました。

ひとつには、数多のブログを読んでいくなかで、ブログというものを好きになったことがあります。ブログは良いものだと感じて、自分でも書こうとしたわけです。

その意味で、自分の好きなブログを明らかにするのは悪くありません。原点を見直すことになるためです。

この2013年に限っては、別の話もあります。
Google Reader がサービスを終えてしまったことです。

私の場合は、Feedly がいち早く後継に名乗り出てくれたこと、愛用する iOSアプリ「Byline」が Feedly に対応してくれたこと、二つの出来事のおかげで、ブログを読み続けることができています。

いずれかが欠けていたら、ブログを読む習慣が私から消えてしまっていたかもしれません。
今の私は、そうならなくてよかったと思っています。

二つの出来事をもたらしてくださった、開発者さんに感謝です。

何の話かと言いますと、11月といえば自分の好きなブログを告白する月なのです。

さっそく、ご紹介いたします。

***

見て歩く者 by 鷹野凌

一番目はこちらです。

讃えたいところはたくさんあります。
徹底した調査と考える姿勢には、いつも憧れています。

それから、「今週気になったニュースまとめ」の記事が面白いというのは、ただごとではありません。

***

delaymania

二番目はこちらです。

更新の頻度が高いブログかと思いますが、私はすべての新着記事を欠かさず読んでいます。

明るく、熱く、わかりやすい語り口で、読むと元気になれるブログです。

***

iPhoneと本と数学となんやかんやと

三番目はこちらです。

思考と実践に溢れたブログで、いつも感嘆しながら読んでいます。
そのいずれからも、一歩ずつでも前に進んでいこうとする気概が感じられるようです。

私のブログ「23-seconds blog」では、ときどき数学の話題を持ち出すことがあります。
次の記事の影響です。

人前で話すのは、とても大きなチャンスだということ - iPhoneと本と数学となんやかんやと
そのとき同時に考えていたのが、数学について書いていくことで「楽しくなけりゃ数学じゃないじゃん」というぼくの数学に対する考え、思いに賛同してくれる方を増やしたい。
思いに賛同したのです。

同じ中の人のこちらのブログも、合わせて楽しみにしています。

あれやこれやの数学講義

私が本エントリを書いている時点では一つの記事しか読んで(視聴して)いませんが、大変に面白かったです。

***

R-style

四番目はこちらです。

同ブログの中の人は、「Weekly R-style Magazine ~プロトタイプ・シンキング~」なるメールマガジンも発行なさっています。
そちらの「2013/03/11 第126号」に、次のような一節がありました。
おそらく、その文脈に即していえば、R-styleの父は「シゴタノ!」、母は「極東ブログ」と言えるかもしれません。
言及されている文脈について詳細は存じ上げないものの、「23-seconds blog」の母は「R-style」さんだろうと思っています。

***

ザリガニが見ていた...。

五番目はこちらです。

ずいぶんと昔から読ませていただいています。

一番目の「見て歩く者」さんにも通じる徹底した調査と、三番目の「iPhoneと本と数学となんやかんやと」さんにも通じるたくさんの試行錯誤が魅力です。

いきおい、ひとつひとつの記事は長くなっていきますが、それらの魅力によって、気づけば読み終えてしまうのです。


終わりに


ちなみに「23-seconds blog」の父は、書籍『「編集手帳」の文章術』(竹内 政明)でしょうか。