2013年5月25日土曜日

心が豊かになるから

Clip to Evernote
1
1
私は、情報カードはコレクトとライフを併用しています。コレクトのものは無地で、ライフは方眼です。コレクトの方が紙質、書き味ともにやわらかく、日常向けとしてある意味乱暴に使っています。一方で、できれば長い期間保存しておきたいと思うような情報を書きつけるためには、ライフの方眼を使用します。
それから私の場合、大きさは名刺サイズ一辺倒です。

以上、挨拶でした。
こちらの記事に影響されたものです。

R-style » なぜなに”知的生産” 〜情報カードの使い方〜

さて、下記の記事を読みました。

R-style » Evernoteフリーク的アウトライナー論(1)

記事の冒頭に、次のような一節があります。引用いたします。
しかし、この疑問は危険である。表現をかえれば「考えるとは何かを考える」ということだ。自己言及は慎重に扱わなければいけない。
非常に興味深く、また納得いく指摘です。自己言及を慎重に扱う必要があるのは、世界中の様々な思索の歴史に照らせば、まず間違いのないことです。クレタ島人しかり、ラッセルのパラドックスしかりです。

ここで、いま述べた自己言及を慎重に扱うことの重要さは、理性を持ち出して落ち着いて考えたときに行き着いていることに着目します。すぐ上の段落のふたつめの文は、理性によって落ち着いて書かれているわけです。
一方で、ひとつめの文はそうではありません。私が興味を覚え、納得いくと感じたことは、よく考えてたどり着いたものではないのです。

話が込み入ってしまいました。自己言及したためかもしれません。

要は、自己言及を慎重に扱うことについて、理性を介さずともそれに同意できるような下地が、私にあったということです。多くの場合で、それは感性などと呼ばれるものです。

私には、自己言及に不安を覚えるような感性がありました。
この感性は、どこで形成されたものなのでしょうか。まさか、生まれながらに持っていたわけではないはずです。

そのあたりを考えてみます。

情報工学には、再帰という物事の考え方があります。redirect のことだと理解される場合もあるのかもしれませんが、ふつう、再帰といったら recursive のことでしょう。私が語ろうとしているのも後者の方です。
(動詞と形容詞が並列するのは妙なことでした。言葉の綾というやつです。)

再帰とは、自身を定義するために、自身が必要であることです。
典型的な例で恐縮ですが、フィボナッチ数列を取り上げてみます。

フィボナッチ数列上のある位置にいる数は、そのひとつ前の数とふたつ前の数との足し算になっています。とても長い数列の、どこの位置の数に注目してもそうなっています。

すると、適当な数までのフィボナッチ数列を定義するためには、ひとつ前の数までのフィボナッチ数列を定義できなくてはなりません。ひとつ前までのフィボナッチ数列を定義するためには、さらにひとつ前までのフィボナッチ数列を定義できなくてはなりません。

これが、自身を定義するために自身が必要な状態であり、すなわち再帰です。
再帰のおかげで、フィボナッチ数列の様子を、わかりやすくきれいに理解できるようになります。使い方を誤らなければ、とても強力な考え方なのです。

使い方を誤らない、とは他でもありません。フィボナッチ数列の、一番めと二番めの数は1だということです。
これを定めておかないと、ひとつ前までのフィボナッチ数列をどこまでも探しに出かけてしまって、二度と戻ってこなくなってしまいます。世に言う無限ループです。これは恐ろしいことです。筆舌に尽くし難い恐ろしさです。

このあたりで、本エントリの上の方に掲げた疑問への回答が見えてきたように思います。すなわち、自己言及に対する私の感性の出自のことです。

明らかに、ここで述べたフィボナッチ数列は自己言及的です。再帰的であることと自己言及的であることは、よく似ているわけです。
同時に、私には数学や情報工学の背景があります。私に限らずこのあたりに足を踏み入れている人は、再帰の考え方を通して自己言及の扱いの難しさをよく知っています。それはもう、身にしみて理解しています。

これが、冒頭の「考えるとは何かを考える」危険さの指摘について、私が一目で納得できたような感性の出自です。数学や情報工学の知識に由来していたということです。

いま、ある特定の感性について書きました。数学への理解がなければ、私はそれを抱くことがなかったわけです。

数学を知らない私というものがあったとしましょう。
すると、そのような仮の私より、現実の私の方が豊かな感性を抱いていることになります。非常に論理的な意味で、間違いないことです。

私は、数学のように、素朴な日本語ではないものを学ぶことのひとつの有益さを、ここに見いだしています。端的に言えば、数学を学ぶと心が豊かになるのです。視野を広げてみるのなら、そこには英語などの外国語を、あるいは日本語でも自分が詳しくない世界の話などを、含めてもよいかもしれません。

それは、言葉が感情を規定するという立場を前提としてしまってはいます。
しかし、その前提に抵抗がないのなら、数学を勉強しておくことは大いにおすすめです。心が豊かになるからです。


終わりに


なかなかによい結論にたどり着けました。ライフの情報カードに記録しておこうかと思います。

ここで情報カードの話を持ち出すのは大変に自己言及的です。
扱いは慎重にする必要があるわけですが、本エントリは1行めと2行めを1にしていますので、無限ループに陥る心配はありません。