2013年6月30日日曜日

時間で割らないストライド

Clip to Evernote
堀江由衣さんの、私の大好きな楽曲「Will」に、次のような一節があります。
まだ見ぬ景色は私が見つけだすものってわかった
おそれずに私らしいストライドで
自分らしくあることを示す表現のバリエーションは世に数あれど、「私らしいストライド」とはなかなか目にしません。本エントリでは、ひとつ、ここから連想したことを書いてみたいと思います。

私の話をします。
ストライド、との言葉から想起するのは、歩く速さのことです。

その前に、用語の確認をしておきましょう。はやさ、との言葉は、早さとも、速さとも書けます。同じ読みの言葉に異なる漢字を用いることの議論としては、もっとも有名なものと言って差し支えないと思います。

衆知のとおり、物理的な意味で物体が移動するときに、速さ、と表記するのが大きな方針となります。移動距離をそれにかかった時間で割り算して得られるもので、velocity のイニシャルから v で表すことが多いようです。

いきおい、 velocity と speed とでは何が違うのか、といった話になってしまいそうです。ここでは物理の話をするのが本意ではないため、深入りはしないことにします。

ともかく、そういったものを速さと書き表します。同時に、そうでないものが早さであると理解しても良いような気がします。
速さと早さの集合では、後者の方が大きいのでしょう。属する要素の数が多いという意味です。それから、二つは、大部分で重ならない集合であることもまた、間違いなさそうです。
しかし、排他な集合であるかといえば、そうでもないように思います。つまり、速いとも、早いとも書けそうな場面がまったくないわけではないような気がするのです。

そういったことを踏まえて本エントリでは、将来を見越して、歩く早さ、の表記を採用します。意味を広くとっておいた方が安全だからです。

話題を移します。
私は、歩く早さは人に固有の性質であるとする立場に与します。それによれば、私は歩くのがたいそう遅いです。ひとり歩いているときにはともかく、周囲に人がいたりでもすると、強烈に思い知らされます。

そうでない方には意外な話になるでしょうか。歩くのが遅いというのは、けっこう、つらいものです。

人と歩くときには、たいてい、気を張っていなければなりません。
集団であれば、いつも一番後ろになります。皆が談笑している中、ひとり、迷惑をかけないよう懸命に着いていきます。
周囲に人がいない場合にも問題はあります。歩いている姿をどこからか目撃されると、ずいぶん沈んでいるね、とか、疲れているの、などと声をかけられます。気遣ってもらえるのは大変ありがたいことです。しかし、私はただ歩くのが遅いだけですので、人に無用な心配をさせているのを申し訳なく感じてしまいます。

歩く早さを気にして日々を過ごすのは、素朴な評価として、悩み多き生き方なのです。

とはいえ、ここまで述べたのは過度に具体的で個人的な話です。感情のことを言葉に変換できていますので、いくぶんは良いのかもしれません。ただ、具体的すぎるという属性は残ったままでしょう。

傾向として、具体的すぎる問題は、解決とか、進展とか、折り合いをつけるといった、大まかに良い方向へ進んでいくことが難しいように思います。言葉を見ても、具体的と大まかとでは、なるほど似つかわしくありません。

上で述べた私の事例では、具体的な解決は早く歩くことになるでしょうか。意味があるような、ないような話です。

もう少し考えます。解決には至らずとも、大まかに良さそうな方針が見つかるかもしれません。

歩くのが遅いということは、移動に時間がかかる、目的地に至るまでに時間がかかる、とのことを意味します。移動する距離が変わらなければ、分母の時間が大きいために遅いわけです。

時間がかかると、それに対する重要度が増します。これもやはり傾向の話ではあるものの、おしなべてそうでしょう。つまり、移動の重要度が増すのです。

すると、もともと重要な目的地にたどり着く以前から、重要なことを体験できるわけです。

これは大変に便利です。早いうちから、しかも数多く、重要なことに出会えるのです。

冒頭でご紹介した堀江由衣さんの「Will」には、次のような一節があります。
けれど旅の途中 向かい風の中で
本当に大切なものが 輝きはじめる
本当に大切なものは、旅の途中にあるのかもしれません。とても勇気の出る話です。

速く歩くなら、目的地に着いて、重要なことを体験します。
歩くのが遅ければ、移動の途中、目的地に至るより先に、大切なものに出会えるかもしれないのでしょう。

速く歩くより、早いのです。
移動距離を時間で割るのとはまた違う、早く歩くことになるなら、嬉しく思います。


終わりに


こうして物事を考えていくことは、いつも、私らしいストライド(進歩、発展)でありたいと思っています。