2013年3月11日月曜日

優しい生き方

Clip to Evernote
Hysteric Blue の「Home Town」という曲に、次のような一節があります。
刻み続ける未来を愛することが出来たら
深い傷も優しさに生まれ変わる
わりと、私はこのことを信じています。深い傷は、人がもっと優しくなるための糧になります。
しかし、それをもって傷を負うことを是とすることも、私にはできません。

どちらも正しくあり、私にはどちらの立場も採れないのです。

確か、『美濃牛』(殊能将之)という本でしたでしょうか。「人が生きる上で必要なのは、考えることと、愛することだよ」といった趣旨の言葉に出会いました。

ずっと、私の心に留まっている言葉です。

思えば、「刻み続ける未来」は考えることの中にあります。目に見えるものではありません。頭を使って物事を考えた、その中でしか未来は刻まれていかないわけです。

それを、冒頭の歌では愛そうと言っています。
深く深く考えた先で、たどり着ける場所であることでしょう。

どちらの立場も採れないことも、刻み続ける未来も、私はずっと考えながら生きていきたいです。
考えることを止めない生き方でありたいです。
最近、そんなタイトルの本も読みました。

そうして考え、悩み続ける中で、優しくなれたらと思います。