2012年7月10日火曜日

それはもう面倒

Clip to Evernote
FastEver Snap というiOSアプリがあります。

FastEver Snap 1.6.4(¥170)App
カテゴリ: 仕事効率化, 写真/ビデオ
販売元: rakko entertainment - rakko entertainment(サイズ: 2 MB)


Evernoteに写真を送信する際の定番アプリとして、多くの方がすでに所有しているものと思います。
私は一時期このFastEver Snapから離れていたものの、また最近使用するようになりました。

今回はそんな話です。


残らない


FastEver Snapは、写真を撮影したその場でEvernoteに転送してくれるアプリです。また、写真をカメラロールに保存しないように設定することまでできます。
これについて、「FastEver Snapは非常に素早く写真をEvernoteに転送できる」といった語られ方をすることが多いのですが、私個人としては、写真が手元に残っていないことの快感の方を重要視しており、また嬉しく感じています。

例えば手書きのメモを撮影してEvernoteに保存したいときなど、画像さえEvernoteに保存されていれば、他は全て不必要なものになります。紙のメモ自体も、撮影した写真のローカルデータも、処分の対象になるわけです。
この意味で、写真がローカルに残らないでくれるのはとても快感であり、FastEver Snapが他のアプリで代用できない一つの要因となってくるのです。


二通りのパターン


FastEver Snapから写真を送信する際には、ノートブックとタグを指定することができます。

いま、詳細には触れませんが、私の生活においては、FastEver Snapで写真を送信する際に使用したいノートブックとタグの組み合わせが、二通り存在しています。
  • この画像は、タグtを付けてノートブックNに送りたい
  • この画像は、タグsを付けてノートブックMに送りたい
といった具合です。
(以降、これらをパターン1、パターン2と呼ぶことにします。)

今のところ、わずか二つのパターンしかありません。
しかしそれは同時に、ただ一つのパターンではないことを意味しています。

このことで、大きな問題が発生します。
FastEver Snapを起動させて写真を撮る前には、毎回ノートブックとタグの指定をする必要が出てくるのです。

当然ながら、今回使いたいのがパターン1で、前回の撮影もパターン1であるなら、指定する作業自体は行われません。
しかし少なくとも、起動する度に、現在設定がどちらのパターンになっているかを気にする必要はあるわけです。

これは非常に厄介です。


何とかする


解決策を考えました。

私は、日常的にアプリを使うなどの作業にはiPod touchを用いています。それに加え、私には家置きにしているiPadがあります。
他方で、FastEver Snapを使用したい場面は、家にいるときしかありません。

そこで私は、iPod touchのFastEver Snapをパターン1の設定で固定とし、そしてiPadのそれをパターン2の設定に固定としました。

すると、大変素晴らしいことに、設定をアプリ内でいちいち気にかけることなく、自分の思い通りに写真を送信することが可能になったのです。
パターン1で撮影していて途中からパターン2にしたくなったときには、ただ持つデバイスを取り替えれば良いわけです。

これで、格段に作業が快適になります。


そんなライフハック


ここまでは事実の話です。
現実に、このようにしたら快適になったということを述べました。

しかし、ここで立ち止まって考えてみると、かなり妙なことがあります。

どうして、FastEver Snapの設定を毎回変更するのは面倒で(ええ、それはもう面倒です!)、今まで持っていたiPod touchを置いて、iPadに持ち替えることは面倒ではないのだろうか、とのことです。

ましてや、私のiPadは家置きで、部屋の中で普段活動している場所からは離れたところに置いてあることも多いです。
そのとき、わざわざ部屋の反対側まで歩いてiPadを取り上げてきてでも、やはりまだその方が面倒でないと感じるのです。

決して、FastEver Snapでタグとノートブックを指定する作業が極端に手間のかかるものである、といったことはありません。
タグやノートブックのマークをタップして、表示される一覧から目的のものを選択するような、いたってシンプルなものです。

この疑問に対する回答は、まったく一通りではありえないと思います。
特に、この話の中のどの要素に着目するかによって、回答は大きく異なってくるでしょう。


二つの説明


本エントリでは、その説明となりそうな考えを二つ掲げてみます。

一つめは、以下の記事で説明されています。

シゴタノ! パッと見わたせる効用

記事中で、以下の記事も紹介されています。

時間を短縮するために使うツール - UEI/ARC shi3zの日記

後者の「時間を短縮するために使うツール - UEI/ARC shi3zの日記」から引用いたします。
マルチウィンドウだから切り替えれば良いじゃないかと思われるかも知れませんが、人間は画面が切り替わるとそれを認識して次の作業にとりかかるまで(タスクスイッチと言います)に2~5秒かかります。この時間は全く無意識に過ぎるため、どんなに訓練しても短くはなりません。
PCで作業する際に使用するウィンドウを、一度に見えるようにしておくのか隠しておくのか、についての話です。

続いて、前者の「シゴタノ! パッと見わたせる効用」から引用いたします。
画面切り換えの手間は、“仕事の勾配”をきつくする要因の1つになるわけです。
画面を切り替えないで、一つの視野に必要な情報が入ってくるようにしておくと、「仕事の勾配」を緩やかにする効果があるとのことです。

以上のことから、本エントリでの問題が説明できそうです。

FastEver Snapのタグ選択画面は普段は隠れているため、(たった1タップにせよ、)画面を切り替える必要があります。
その点、iPadに持ち替えるのであれば、(たとえ遠くにあるにせよ、)目の届く位置にありますので、「パッと見渡せ」ているわけです。

このあたりは、
  • iPhoneとiPadの比較
  • デジタルツールとアナログノートの比較
の文脈にも通じるところがありそうです。

ですが、本エントリの事例の説明としては弱いかもしれません。

二つめの説明は、以下の記事にヒントがありました。

テクノロジー使用を最小限にして生産性をアップさせる : ライフハッカー[日本版]

引用いたします。
この傾向を打破するには、あえてテクノロジーを使わないことを、米lifehackerでは提案しています。
「あえてテクノロジーを使わないように」とは、言われてみると、よく聞くような表現ではあります。

本エントリの話に当てはめれば、「タグやノートブックを選択する」とのデジタルな作業の変わりに、「手にしている物を持ち替える」というアナログな動作をしよう、と言っていることになるでしょう。

ただ、記事の文脈からは少し外れているようですし、やはりこちらの説明も弱いかもしれません。

また、三つめの説明として「単に慣れている」というのも考えましたが、ここでは詳しい話は省くことにします。


終わりに


これは、私よりさらにデジタルに慣れ親しんだ世代からしてみると、また違うのかもしれません。