2012年7月29日日曜日

倒錯する小説

Clip to Evernote
こちらの記事を読みました。

重力を忘れる小説 #5novels - #RyoAnnaBlog
きっかけは伊坂幸太郎だった。
私は、伊坂幸太郎では『ラッシュライフ』が好きです。

さて、同記事は以下のように結ばれています。
#5novelsというハッシュタグを用意した。どんなテーマでもいい、何冊でもいい、あなたにとって最高の小説を教えてほしい。
私はTwitterのアカウントを持っていないため「ハッシュタグ」なるものが何を意味するかはわかりませんが、「最高の小説を紹介してほしい」と言われれば、乗らないわけにはいきません。

そこで、本エントリでは、私の「人生の小説」に位置づけられる本をご紹介します。
なお、私がやると「小説」はミステリ限定になりますが、その辺はよろしくお願いします。

今回はそんな話です。


人生のミステリ


以降、作家のお名前は、敬称略かつフルネームで表記させていただきます。

***

一冊め :
『倒錯の帰結』(折原一)

折原一は、好きすぎて、そして影響を受けすぎて、フラットに何かを判断することができません。その中で、本作は折原一の代表作の一つに数えられることもあり、ここに挙げることとします。

想像を絶する超大作です。心から、本作に出会えて良かったと思っています。

***

二冊め :
『叔父殺人事件』(折原一)

あまりに好きですので、例外的に折原一からは二冊挙げさせていただきます。
こちらは上の『倒錯の帰結』とは異なり、大作といった趣ではありません。

ミステリの醍醐味の一つとして、終盤、思わぬ事実が現れたときのぞくっとする感覚があると思っていますが、その感覚が何のことかわからない方は、本作を読むのが良いです。
きっと、その感覚を味わえます。

***

三冊め :
『木製の王子』(麻耶雄嵩) 

『螢』や『鴉』と迷いましたが、こちらを選んでみました。
『螢』『鴉』が素晴らしいのは間違いありませんが、こちらの『木製の王子』は無茶苦茶です。無茶苦茶で、最高です。

あ、「無茶苦茶」の意味がもし、――いえ、これ以上は止めておきましょう。

いずれにせよ、本作が好きなら、絶対に麻耶雄嵩を読み進めるべきです。

***

四冊め :
『アリス・ミラー城』殺人事件(北山猛邦)

実にミステリです。新本格以降のミステリが一般的に好きな方は、必ず楽しめます。

との説明は、誤ってはいないと思いますが、ともすると本作がすごく普通のミステリに聞こえてしまうかもしれません。
もちろん、この場で私が力一杯ご紹介しているからには、そのようなことはありません。

あ、「普通」の意味がもし、――いえ、これ以上は止めておきましょう。


***

五冊め :
『幻惑の死と使途 Illusion Acts Like Magic』(森博嗣)

森博嗣からも、一冊を選ぶのが難しいです。
森博嗣の魅力は、とのテーマで文章を書こうとするとそれだけで大仕事になってしまうわけですが、その一つは「ロマンティック」だと、私は思っています。

そして、本作はとてもロマンティックなのです。

特にラストの、――いえ、これ以上は止めておきましょう。

***

六冊め :
『星降り山荘の殺人』(倉知淳)

大好きな作品です。
こちらは、「大好きな作品」と形容するのが適当なように感じるのです。

ちなみに、派手さと外連味に目が行きがちですが、本作のロジックのすごさには着目すべきです。

とはいえ、あの、――いえ、これ以上は止めておきましょう。

***

七冊め :
『電氣人間の虞』(詠坂雄二)
※ 上記はタイトルの漢字表記が正しくありません

本作は発表が新しいためか、ここまで挙げてきた作品と同じ文脈で語りにくいように感じます。詠坂雄二の別の著作からもそういった雰囲気が感じられますので、あるいはそれが著者の個性なのかもしれません。

ある意味、初心者向けではないのかもしれませんが、新しいミステリを求める方にはぜひお勧めしたい作品です。

とりわけ、――いえ、これ以上は止めておきましょう。


感性の話


ミステリ小説の紹介は以上です。

いま、ミステリのことをあれこれ考えていて一つ思い当たったことがあります。どうも私には、規格外のことに出会ったときにそれを自分の常識や経験に照らして評価(多くの場合、批判)する、といった思考回路が存在していないような気がするのです。
必ず一度、「おお、これは無茶苦茶ですごいぞ」と考えてしまうのです。

いまひとつ何のことかわかりにくいかもしれませんが、私自身もよくわかっていませんので、詳しいことはまた別の機会に考えてみます。


終わりに


冒頭に、「人生の小説に位置づけられる」との表現を用いました。
ここは、初めは「私の人生に影響を与えた」となっていたのですが、それだと選ばれる本が変わってきます。

今回は、「人生の小説」の方を採用しました。
この差は大きいのです。