2012年6月10日日曜日

部屋インボックス方式

Clip to Evernote
部屋が散らからないことと忘れ物をしないことは、現代を生きる上で必ず考える必要のあることです。
そのため、多くの方がそれについての工夫を自分なりに考えたことがあるでしょうし、またそれを考えることを仕事にしている人もたくさんいます。

結果として多種多様な手法が提案されて私たちの目に入ってきており、それらはある場面では一定の効果を上げていることでしょう。

しかし一方で、冒頭の問題が完全に解決してはいないのも事実です。
知恵を絞っても、部屋が散らかることもあれば、忘れ物をすることもあるのです。

ところで、この二つの間には深い関係があると考えられます。
こう唐突に言ってしまっても、おそらくは容易に納得いただけることと思います。

そこで本エントリでは、この「部屋が散らかること」と「忘れ物をすること」を結びつけて、これらの問題がどちらも一切発生しなくなる、画期的な方法を紹介したいと思います。
「部屋インボックス方式」とでも名付けましょう。

今回はそんな話です。


準備


「部屋インボックス方式」を実践するためには、簡単な準備が必要です。
といっても、多くの方はすでに行っているようなことですので、大きな問題にはなりません。

その内容の話に移ります。

もし、小物のようなものが部屋のあちこちに置かれているなら、それらを一つの箱か何かにまとめておきます。これが準備です。

私の場合は、最近購入したiPad2の空き箱があったので、それを利用して小物入れにしました。


iPad 2


そういえば、iPad 2を購入しました。

新しいiPadも販売されているのに、どうしてiPad 2なのか、といった話もあるでしょう。
そのあたり、少し書いておくことにします。


現行端末


まず始めに触れておきたいのは、iPad 2も新しいiPadと同様に現行端末、すなわち新品として普通に購入できることです。
つまり、新しいiPadと同列に選択肢の一つとして存在します。

この意味で、今iPad 2を購入することはそれほど不自然なわけではありません。


安い


iPad 2は、新しいiPadより安いです。
冷静に考えると、これほどのガジェットがこの値段で手に入ることは不思議ですらあります。


Retinaディスプレイ


新しいiPadは、Retinaディスプレイを採用しています。
おそらく、今後発売されるまだ見ぬiPadにも、同じように採用されることでしょう。

裏を返せば、RetinaディスプレイでないiPadは、今iPad 2を購入することでしか手に入れることができないわけです。

実際、私は割と慌ててiPad 2を購入しました。
関連する次のデバイスについての噂も続々と出ていますし、RetinaでないiPadが販売終了になってしまうのも近いかもしれないと判断したのです。

関連して、私は未だ律儀にiPhone 3Gを使用中なのですが、今のiPhone 4Sも、急いで買わないといけないと考えています。このiPhone 4Sについても、次期デバイスの噂はたくさん出てきていますし、それを待つ方が賢いようにも思えます。
しかしここで私が気にしているのは、新しいiPadに「2S」や「3」などの通し番号が付いていなかった点です。

私たちは、「4S」を「彼のために」に見立てて、深い思い入れを持っています。
実際はそうではなかったようですが、その発表時期からして、どうしても強い感情を抱かずにはいられません。

少しわかりにくく書いてしまいました。ともかく、iPhone 4Sには何かしらの感情があるのです。
私としては、iPhone 3Gにも相当な思い入れがあるために買い換えることはしませんでしたが、新しいiPadに通し番号が付かなかったことを知ると、話が変わってきます。

つまり、iPhoneにも次からは通し番号が付かない可能性があるのです。
さらには、iPhone 4Sは「彼のために」を表現するために、わざわざ通し番号を付けたとすら考えられるのです。

いえ、もちろん事実はそうではないでしょう。「4S」が「彼のために」でない以上、そうであるはずがありません。

でも、夢見がちなライフハッカーである私は、そう考えてしまうのです。

そしてそんなことのために、急いでiPhone 4Sを買いに行かなければと焦っているのです。

(余談ですが、iPhone 3GはiOS4.2までしかアップデートできません。
しかしiOS5にあまりに心を打たれた私は、iPod touchを購入しています。これで安心です。)


iCloudから復元


以上でiPad 2に関する話、とりわけ「なぜこのタイミングで新しいiPadではないのか」についての話は終了です。
実際にiPadをどう使うかですとか、生活にどう関わってくるかといったことについては、すでにたくさんの素晴らしい記事が存在していることですし、私からは何もありません。

念のため、それに関する記事を二つご紹介しておきます。

iPadのある生活 それはこれまでと変わらない日常 : I believe in technology

iPadを必要とする人はどんな人か。「iPadのある生活」 | delaymania

とても良いです。
きっと何かの参考になるものと思います。

さて、一つだけ、私からも感想めいたことを書いておきます。
関連することがこちらの記事で述べられています。

404 Blog Not Found:三百十四万五千七百二十八聞は一見に如かず - 品評 - 新しいiPad(第三世代)

引用いたします。
iCloudのおかげで、設定は全然苦にならない。まっさらな新品があっという魔に自分のものとなっていくそのありさまは、解像度以上に「実際に使っていないとわからない」点である。ポストPCデバイスで最も重要なのはこれではないか。
「iCloudから復元」についてです。
私は今回、この「iCloudから復元」を初めて行ったのですが、まさにこちらで言及されているような感覚でした。

普通新しいガジェット類を購入すると、思い通りに使い始められるまでにはそれなりの時間を要するものです。
今回はそれがほとんどなく、なじみあるiOSのインタフェースも相まって使い始めからとても快適でした。

このことを(実際に使っていない内に)重視する方がどれほどいらっしゃるかはわかりませんが、とても嬉しかったので、ここに記しておきます。


終わりに


というわけで、iPad 2に関するエントリでした。