2012年8月30日木曜日

ある言明がそれらしい

Clip to Evernote
雲をつかむような話になってしまうものの、少し考えたことがあるので、書いてみようと思います。

それはそうと、その話とは何も関係ありませんが、「雲をつかむような」との素晴らしい表現を考えついた人に興味があります。
その人はどのような人で、どのような状況でこれを思いついたのか、についてです。

想像するに、やはり空を見上げていて、雲がつかめそうだと考えたのでしょう。あるいは、実際に手を伸ばしてみたのかもしれません。しかし、雲をつかむことはかなわなかったわけです。

何となく、この人とは仲良くなれそうな気がします。

こちらの記事を読みました。

こどもコンパス × ママコンパス | 今、ここにあるものを、さぁどうぞ。

とても素晴らしい記事です。
ここから考えることはいくつかありますが、とりあえず、私も少しだけ空を見てみようかと思いました。

今回はそんな話です。


ある言明


ここに、ある肯定の言明があるとします。
「AはBである。」というものです。

私から例示はしませんが、この形をした命題を一つ想像してみていただけると、今後の話がわかりやすくなるかもしれません。そのとき、想像する言明は一般論めいたものが良いでしょう。

さて、そのような肯定の言明に対して、おそらくそれを表明した人とは別の人によって、否定の言明がなされることがあります。今回の状況ではやや語弊があるようにも思いますが、多くの場合ではこれを反論と呼びます。

「XはYであることから、AはBではない。」
といった具合です。

多くの人は、このような反論を行った経験があると思います。
反論、との言葉には多少マイナスのイメージが含まれていますので、「反論したことがありますよね?」との問いかけに、素直にそうだと言いたくない気持ちが浮かんできます。ですがこれは「反論」の言葉の問題であって、本質には影響はありません。

(一般論めいた)肯定の言明に対して反論するためには、それなりの能力が必要です。そして同時に、反論することでその能力を表現しているということも、ある面では言えます。
確かに、(一般論めいた)肯定の言及を様々な根拠をもって否定しているのを目にすると、すごく何かの能力を持っているように見えますし、また、おそらく実際にそうです。

ですが、単純に「AはBである。」と「AはBではない。」を見比べると、どう考えても後者の方が含む範囲が広いです。「AはBである。」が成り立つようなある一範囲があるとしたら、それの否定はそれ以外の範囲すべてになるからです。

すると、何かしらの高い能力を持った人が言うことの方が、当たり障りがないということになります。すごいことをしているようで、ただ当たり障りのないことを言っているだけなのだとしたら、それは妙な話です。


それらしい


二つめの話です。
『100の思考実験』との書籍に、下記のような文章があります。

『100の思考実験』(ジュリアンバジーニ、向井和美) 
もっともらしく聞こえるパラドックスほど、深遠な思想という錯覚を効果的に生みだすものはない。
私は、この文章を読む以前からこういったことをよく考えており、これに出会ったときはなかなかに嬉しく感じました。

もう少し引用いたします。
自分でも作ってみるといい。簡単にできる。まず何か強調したいものを考える(知識、力、猫)。次に、その反対を考える(無知、非力、犬)。最後にそのふたつの要素を結びつけて、何かもっともらしいことを言うのだ。「最高の知は無知の知である」、「非力な者のみが真の力を知っている」、「猫を知るには犬も知れ」。ほら、たいがいはうまくいく。
まったくその通りです。簡単に、とてもそれらしい文章が出来上がっています。

私も一つやってみましょう。
「iOSの本当の価値は、Androidの中にある。」

何の話かさっぱりわかりませんが、確かにそれらしくなりました。


本当のこと


先の引用文では、この「それらしく見える現象」を皮肉めいた言い回しで説明しています。
それはそれで間違いではないのでしょうが、しかし、なぜこれでそれらしく見えてしまうのかについては判明していません。
(同書ではその方向に話を進めていませんので、当然ではあります。)

そして、私はそれについて、皮肉など一切なく、いたってまじめに「それが真理だから」という回答を考えています。

つまり、どんな単語を持ってきてもそれらしく見えるのは、それが本当にそうだからだと思うわけです。



本エントリ前半の話も振り返ってみます。「AはBではない」についての内容でした。
これを、すぐ上の「猫を知るには犬も知れ」の話と組み合わせてみると、下記のようなことが言えます。
「AはBかもしれないが、AはBではない。」

細かい言い回しについての議論は置いておきます。
本エントリの二つの話を組み合わせると、だいたいこのようなことが言えるわけです。

するとやはり、能力のある人は真理を話していることになりました。


終わりに


ちなみに、私はよく「本質に影響はない」との表現を使いますが、本質に影響がないものがすなわち、完全に無視してしまって構わないものだとは思っていません。

本質に影響がないなら、本質ではないところにきちんと影響があるのです。
そして、物事が本質のみで構成されていない以上、決して切り捨ててはいけないものなのです。

私が言う「本質に影響はない」は、単に、
  • 今話を進めたい方向ではない
  • その方向はまだよくまとまっていない
  • その話をする時間がない
  • 疲れた
といった理由から「今ここでは文章化(または言語化)しない」というだけの意味です。