2012年8月31日金曜日

きりのいい話

Clip to Evernote
こんな私ですが、人並みに買い物をしたり、日常生活を送ったりしています。
すると、人並みの感想を抱いたりすることがあります。

感想に人並みも何もないような気はしますが、当然といえば当然です。

今回はそんな話です。


ぴったり


私の住まいの近所に、スーパーがあります。
それから、私は自宅にいつも牛乳とオレンジジュースをストックしています。

すると必然に、そのスーパーで頻繁にその二つを購入することになります。もちろん、牛乳とオレンジジュースがなくなるスピードは等しくありませんので、牛乳だけを買うことも、オレンジジュースだけを買うこともあります。

そして、当たり前ですが、それらを同時に買うこともあります。
そのお店で牛乳とオレンジジュースを同時に買うと、合計で256円になります。

レジで「256円になります」と言われると、「おお、ぴったり!」と感動します。
牛乳とオレンジジュースを買うのは初めてのことではありませんので、よく考えればレジで言われるまでもないはずですが、毎回感動します。

このところは、牛乳だけが必要な場合でも、一緒にオレンジジュースも買ってしまったりしています。
完全に、お店の販売戦略に乗せられています。後悔はありません。


きりのいい


考えてみると、ぴったりが特別な意味を持つような状況は、身の回りにたくさんあります。

このような記事を読みました。

投資も恋も「過去の思い出」に引きずられてはいけません~マネーハック心理学(2) : ライフハッカー[日本版]

引用いたします。
似たような話には「1000円単位の節目」のようなものもあります。「日経平均が10000円を回復した」とか「B社の株価が1000円を割った」というキリのいい数字を、弱気や強気のシグナルとするものです。
言われてみれば、9990円が10000円になるのも、10050円が10060円になるのも、現象としてはそれほど大きく変わるものではありません。
引用した文章の詳細や前後の文脈については、私には解説できませんので、リンク先をお読みいただければと思います。
いずれにせよ、良くも悪くも、ぴったりのものには何かしらの力があるようです。


ライフハック


ライフハックや仕事術界隈にも、こういった話はあります。

有名なものの一つとしては、「仕事をきりのいいところまでやらない」があります。
私から詳しくは述べないことにしますが、要するに、仕事をきりのいいところまで仕上げないでその日を終える(または、休憩に入るなど)ことにより、次にとりかかる際に仕事へのエンジンがかかりやすい、といった内容です。私個人としてもこれの効果はよく感じられますので、基本的に賛成です。

こちらは先の例とは異なり、積極的に「きりのいい」を否定しよう、避けよう、とするものです。

仕事を行う場合、「きりのいい」には良い面もあります。これには、タスクリストでタスクを完了にしたときの気持ちよさ、あたりを想像すればよいでしょう。しかし一方で、こと仕事に関しては「きりのいい」状況にたどり着くのはとても大変であるという事実もあり、これはどちらも確かなことです。
その意味では、「きりのよくないところで止めてもいい」と考えられることが、この手法のメリットに、ひいては仕事のやりやすさにつながっているのかもしれません。


活かす


このように考えていくと「きりのいい」をうまく活かしていく方法も見えてきそうですが、ある意味、それをプラスに利用するのは、意識しなくてもできることだったりします。
すぐ上の例で言えば、たいていの人にとって、タスクを完了にしたときの気分の良さは意識しなくても得られます。実際にタスクに取り組んで、完了させて、チェックを付ければ良いのです。

となると、気をつけておくべきは「きりのいい」のマイナス面の方になるでしょう。
今のところは「気をつけておく」くらいしか言えませんが、気をつけておこうと思います。


終わりに


このあたりの話は、私がとやかく言わなくてもきちんと研究がなされているような気がします。
関連する書籍が見つかれば、読んでみたいです。