2011年12月7日水曜日

モレスキンの好きなところ

Clip to Evernote
モレスキンが好きです。

使用歴は長くありませんが、最近では二ヶ月ほどで一冊使い終わっています。
「ルールド ポケット」のハードカバーを、ユビキタスキャプチャリングやその他に使用しています。どちらも王道かと思いますので、解説などは必要ないでしょう。

モレスキンは、ノートとしては割と高価な部類に入ると思います。
それもあり、よく周囲の人からは「どうしてモレスキンなの?」と聞かれます。
今よりもっとモレスキン初心者だったころは、「なんかかっこいいから」「歴史があるから」など、自分にもよくわからない返答しかできませんでした。
しかし、モレスキンと生活を共にするにつれて、いくつかその具体的な点に気づいてきました。

今回はそれについてまとめてみます。

ハードカバー


なんだかんだ言っても、ハードカバーのノートを目にする機会はあまりありません。
ハードカバーですと、適当に鞄に投げ込んでも折れたりしないのはもちろんなのですが、急いで、かつ手探りで取りだそうとするとき、それがとても素早く行えます。これは意外なメリットと呼んでいいでしょう。
理由としては、ハードカバーであるお陰で

  • 他のものと手触りが違う
  • 鞄の奥の方などに入り込まない

などが考えられます。

留めゴム


モレスキンを「書く・描く」以外に使う発想は、これがあったから生まれたのかもしれません。
ここでは要するに、挟んだ紙片が落ちないことを言っているのですが、とにかく便利です。

また、鞄の中でノートが勝手に開いてしまわないことも見逃せません。

角が丸い


ノートの、開く方の角が丸くカットされています。
このことも、鞄から慌てて取り出す際に効果を発揮します。

罫線の引き方


「ルールド」限定の話になりますが、罫線の引き方も重要です。
実はこの項目が一番言いたいことだったりします。

モレスキンの罫線は、ページの端から端まで、また上から下まで、均等に引かれています。考え得る中で最も単純な引き方と呼べるでしょうが、このようになっているノートは、私は見たことがありません。
たいてい、上部が広めに空いていたり、最下部の線が太くなっていたり、左右が端まで貫いていなかったりします。

それだとどうして良くないのかと言われると難しいのですが、このことに気づいていなかった時分に、以下の記事を読みました。

R-style » ダイソーのレザー風バンド付きメモ(A6)をゲット

とても面白く読ませていただきました。

冒頭を読み、「見た目もかっこいいし、ダイスキンを使うのも悪くないな」などと思ったわけです。
しかし記事の途中で、ダイスキンを開いた様子の画像が載せられているのを見て、そしてその罫線の引き方を見て、「なんか違う」と感じたのです。

この時、私に好きな罫線の引き方があることが判明しました。
繰り返しますが、好きな理由はわかりません。

紙質


普段私は万年筆でモレスキンに書いています。
ほとんどはモレスキンに書くのですが、やはり他の紙に書く機会もあります。普通のコピー用紙などですね。
するとそれが、楽しくないのです。気持ちよくないと言ってもいいでしょう。
モレスキンにするように、とにかく手の動くままに書く、ということをしようと思わなくなります。

終わりに


今でも、「なんかかっこいい」や「歴史がある」が実際にはどういうことなのか、よくわかっていません。
しかしこれらも、私がモレスキンを使う重要な理由だったりします。

「よくわかっていること」なんて、それほど多くないのです。