2012年10月13日土曜日

知っていることの話

Clip to Evernote
私は会ったことがありませんが、昔の人で、「無知の知」などということを考えた人がいるそうです。
言われてみれば確かに、知らないことを知っているかどうかは非常に重要なことでしょう。かくいう私も、知らないことをきちんと知ることができているか、あまり自信はありません。

一方で、知っていることを知っているかどうかも、また重要なことだろうと思います。やはりこちらも、私は自分が知っていることを知っているかどうか知るにはどうしたらよいか、自信がないものです。

本エントリでは、知っていることを知ったときについて知りたいと思っています。
そろそろ知るがゲシュタルト崩壊してきそうですが、つまるところ、知っていることを知っておくことには価値があるのです。

ちなみに、この書き出しはこちらの記事に影響され、最大級の敬意を込めて、このようになっています。

自分のことを考えるエネルギー効率が非情に悪い ( #ブログ合宿 での記事) - なんかカラフルな生活

とても好きな記事で、そしてとても好きなブログです。ぜひ、お読みいただきたいと思います。

さて、本エントリでは「知っていることを知ったとき」、きちんと言えば「すでに持っている知識についての情報を、再度目にしたとき」について考えます。
決して、「無知の知」などとは関係しませんし、複雑な話でもありません。

今回はそんな話です。


すでに知っている


こちらの記事を読みました。素晴らしい記事です。

「delaymania」に後付けで意味を持たせることにしました | delaymania.com

こちらでは、「それ知ってるよっていうことを敢えて書く」と題されて、下記のような文章が続いています。
TwitterやらFacebookやらを見てると「それ知ってるよ」とか「基本中の基本でしょ」というご意見が目についたりすると思います。
でもあなたの周りにはそのことを知らない人がわんさかいるんです。
まさにその通りだと思います。
ある情報について、自分が「それはもう知ってる」と思ったとしても、一方では、「それは知らなかった!」と、その情報が大いに役立つような人がたくさんいます。
私などは、直接「基本中の基本でしょ」といった意見を目にしたことはないのですが(おそらく「TwitterやらFacebookやらを見て」いないためでしょう)、いつだって、その情報に価値を感じる人はいるわけです。


知っている人


上記は、すでに知っている情報を目にすることの価値を、他人に求めたものでした。つまり、自分には役立たないけど、どこかに役立つ人はいる、との発想です。

他方、同じ状況で、自分にとっても価値のあることを考えましたので、それについても書いてみます。
要は、すでに知っている情報を目にすることが、目にした当人に対してもたらす価値についてです。

それは、自分の中で理解できていることでも、それを(文章をはじめとした)形ある表現として一度目にしないと、それを踏まえた行動をとることができないことです。
言い換えると、情報を目にして「基本中の基本でしょ」と思ったとしても、それを目にする以前では、「基本中の基本」の先にある行動はできていなかったことになります。

何か具体例を出すことにします。
『武器としての交渉思考』に、下記のような文章があります。


『武器としての交渉思考』(瀧本哲史) 
だからこそいま、若い世代の人間は、自分たちの頭で考え、自分たち自身の手で、合意に基づく「新しい仕組みやルール」を作っていかなければならない。
こちらは本書の出だしの部分でもありますし、内容や文脈についてはすべて脇によけておきます。
単純にこの文章だけを見たとき、多くの人にとって、特に目新しいことはないでしょう。「へえ、自分たちの頭で考えないといけないんだ!」と思うような人は、少数のはずです。

しかし、「今の時代は、自分の頭で考えないといけないんだろうな」と何となく思っているような状況では、実際に自分の頭で考えて、その上で行動をすることは難しいです。
当然わかっているとしても、一度「頭で考えないといけないんだよ」との情報を目にすることで初めて、それを踏まえた行動を検討できるのです。

すなわち、すでに知っている情報を目にしたときの心の動きとして、
  • それは知ってるな
  • 「基本中の基本でしょ」
ではなく、
  • それは知ってるな
  • だから、どうしようか
とすることで、既知の情報を改めて目にすることに価値が生まれますし、本来、「それは知ってるな」を抜きにして「だから、どうしようか」は発想し得ないことなのです。

ここで言っているのは、そのような状況でも工夫すれば価値を見出すことができる、といった妥協案ではなく、ここでの価値(「だから、どうしようか」を考えられること)はそのような状況(「それは知ってるな」が必ず一度先に来ること)でしか絶対に得ることができない、との原理の話です。

この「それは知ってるな」は、何も他者が発信した情報に限りません。自分で何となく理解していることを文章に起こしてみることなどでも、同様です。
そもそも、自分の力で書いた文章は、ある面では究極の「それは知ってるな」情報なのです。


終わりに


すぐ上で、「究極の」の前に「ある面では」と注釈が入っているのは、自分で書く文章でも、書いているうちに自分の手を離れていって、終わってみたら思わぬ場所に着地していた、ということがあるためです。
すると、自分で書いた文章を読み返してみても、「それは知ってるな」とならないのです。