2012年4月8日日曜日

あれば便利

Clip to Evernote
以前にもどこかで書いたような気がしますが、訳あって三月末から新しい住まいで生活しています。
ほとんど手ぶらに近い状態で入居しましたので、必要な物は適宜揃えていっています。

その中で、このところは毎日が回ってきている感じがしており、非常に満足です。
ここで言う「毎日が回っている」とは、
  • 「新生活のために、一度だけ」買う必要のある物
  • 「新生活のために、一度だけ」行う必要のある手続きなど
がなくなってきていることと同じ意味です。
言い換えると、日々がルーチン化してきているということです。
早いうちに、さらに安定したルーチンに近づけたいものです。


買う必要のある物


上述した「買う必要のある物」はとても多様にあります。
ここでことさらに必要な物を列挙するつもりはありませんが、一つ言えるのは、どんな物であってもないよりはある方が便利だということです。物には適当な機能がありますから、それがあれば、程度の大小はあれど何かしら生活は便利になります。
これは間違いありません。

ところが、ここで忘れてはいけないのですが、物が多いのは不便です。
物を置くスペース、整理整頓の困難さ、それによるストレス、といった問題が出てきます。あるいは単純に、物を買うお金がかかることもあります。
有益なものが集まりすぎると、不利益になってしまうようです。


断捨離


単体の物自体は便利さをもたらしてくれますから、どうしても物をたくさん買いたくなってしまいます。
ですので私は、以前から気になっていました、はやりの断捨離を実践してみようと思います。

断捨離についての基本的な知識は、私はこちらから仕入れさせていただきました。
(申し訳ありませんが、関連書籍の類は読んでいません。)

「断捨離」の「捨」!~「不思議なくらい心がスーッとする断捨離」を読んで学んだこと~ - iPhoneと本と数学となんやかんやと
「断捨離」の「断」!~「不思議なくらい心がスーッとする断捨離」を読んで学んだこと~ - iPhoneと本と数学となんやかんやと
「断捨離」の「離」!~「不思議なくらい心がスーッとする断捨離」を読んで学んだこと~ - iPhoneと本と数学となんやかんやと

わかりやすく、素晴らしい記事です。
引用の引用になってしまいますが(これを孫引きと呼ぶらしいのですが、合っているでしょうか)、記事中から掲載いたします。文章自体は、『不思議なくらい心がスーッとする断捨離』(やましたひでこ)から来ているようです。
「断」=いらないモノが入ってくるのを断つ
「捨」=家に溜まったガラクタを捨てる
「離」=モノに対する執着から離れ、ゆとりある”自在”の空間にいる
断、捨、離にはそれぞれに意味があるそうです。断捨離とは単に物を捨てるだけではないようです。


断捨離の断


断捨離を実践したことについての記事をいくつか読んだことがありますが、どれもが「断捨離」の「捨」を行っているものでした。
確かに、断捨離ですとか、そういったことが必要だと感じるのは「物が多すぎる!」と感じたときのはずから、「捨」が行われるのが自然なのでしょう。

他方で、「断」や「離」が行われている様子を、私はあまり目にすることがありません(もちろん、私が書籍を読んでいないことも大いに関係あると思います)。

ここで、私が新生活を始めたばかりという特殊な状況であることを活かして、「断」から始める断捨離を行ってみたいと思います。


具体的に


具体的には、物を買いたい、欲しいと思った際に以下のことを考えるようにします。
  • どんな物だってあれば便利である
  • すぐにまた引っ越すかもしれない
一つめのことは「あったら便利だな」との、物を買う際の強力で一見理にかなった動機に対抗するための問いかけです。「あったら便利だな」は、物を買う動機にはならないのです。
二つめは、「もし、すぐにまた引っ越すとしたら、苦労するのではないか?」といった意味です。この考えがあると、なかなか大きな物は買えません。

ですが、やってみると意外に物は要りません。


終わりに


今回はエントリとしては軽い感じになりましたが、私は割と大変なことをしています。