2012年3月11日日曜日

ブロガーの誇り

Clip to Evernote
ご本人がどう考えていらっしゃるかはわかりませんが、私から見て「この人、すごいブロガーだな」と思えるような方々が大好きです。

「ブロガー」という人種が格好良くて、憧れて、私もブログを書いてみようと思ったのです。
(ですので、私の究極の目標は「ブロガーと名乗れるようになること」だったりしますが、それは内緒です。)

個人のブロガーが発信できる情報の種類は非常に独特で、偏っていたり、主観的であったり、細かかったり、ものすごく速報だったりします。

しかし、私が憧れるブロガーに共通して言えるのは、どの方も個人ブログとして情報を発信することに誇りを持っており、知識を共有していくことの力を信じていることです。

前回エントリでも書いたような気がしますが、知識は目に見えないものであり、それを共有しようとすることには、何か神秘的な、尊さを感じます。

私も、個人ブログとブロガー、そして情報の力を信じています。

私にできるのはここでこうして信じていることだけですし、ブロガーにできるのは情報を発信することだけです。
それでも、一生懸命情報を発信しようとすることで、何か救われる人がいるなら嬉しいです。

そんなことはありえないと言うなら、こうしてブログを書くことで、それを忘れないためにほんの少しだけ貢献したことにします。
記憶が薄れたら、このエントリを見返します。

ブロガーにだって、できることはあるはずです。